CRフィーバー大夏祭り攻略法1 − スペックから攻略を想定する

スポンサードリンク
攻略するにあたって、その最初の一歩として踏まえておかなければならない最も重要な基本情報。それが、その機種のスペックです。その機種がどんな特性を持っているのかをきっちり押えることなく攻略しようとしても、総合的に見た場合、実はどんな攻略法も十分に活かすことができません。

ですから、賞球数はどうなっているのか?、大当り確率はどれくらいなのか?、確変突入率は?、時短の回数は?といった各情報について、何よりも先にしっかりと把握するようにしてください。CRフィーバー大夏祭りでは、以下のようになっています。

【CRフィーバー大夏祭りSF-T(テンカver.) スペック】

賞球数:3&4&10&13
大当たり確率:低確率時1/350.5 高確率時1/35.0
確変突入率:66%(2R確変12%、15R確変54%)
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:9カウント
時短:全ての大当たり終了後100回

【CRフィーバー大夏祭りMF-T(もえver.) スペック】

賞球数:3&4&10&13
大当たり確率:低確率時1/312.1 高確率時1/31.2
確変突入率:63%(2R確変17%、15R確変46%)
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:9カウント
時短:全ての大当たり終了後100回

このスペックから、MF-T(もえver.)の方が甘めの設定で一般的には狙い目ながら、15R確変の差で大当り1回の出玉はSF-T(テンカver.)の方が期待できるということが言えますが、例えばそういったことが分かるだけでも、当たりに対する自分なりの想定ができますよね。

こういった想定がないと、見極めのタイミングを間違って投資を無駄にしてしまいかねないので、事前にできるだけしっかりと想定することが大切になるわけです。そして想定ができたら、次はホールへ出かけて可能な限り良い台選びをするこが重要な課題となってきます。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。